<< お昼ごはんをつくろう! | main | 風呂敷を作りました >>
私立小学生の放課後 10年前は・・・

最近、お問い合わせが多いのが、「私立小学校の方は通われていますか?」というご質問です。

区立小学校には、ほとんどの学校に、小学生が放課後を過ごす場である学童保育(例えば、渋谷区は放課後クラブ、港区は放課GO→、世田谷区は新BOP等)があるのですが、私立小学校には一部の学校しか学童保育がありません。

近年の傾向として、共働きを推奨する動きがありますが、行政や学校が追い付いていないのが現状です。

 

こどもみらい塾では、10年前の開業当時から約半数のお子様が私立小学校に通われていましたので、

私立小学校へお迎えへ伺った際に、先生方にご挨拶させていただき、保護者以外の者のお迎えの許可をいただいていました。

当時は、「制服での立ち寄りは禁止」という学校の決まりから、学童保育の利用をとても心配される保護者の方も多かったのですが、

私立小学校に直接お話を伺うとは、こども達が放課後、誰とどこにいるのかはっきりしていれば問題はありませんということでした。

立ち寄りとは、主に飲食店などを指す意味だったそうですが、まだ民間の学童保育が珍しかった時代に「果たして学童保育は立ち寄りにあたるのか?」と学校へ尋ねることのできない保護者が多かったのです。

現在では、民間学童保育も増え、そんな心配はほとんどなくなりましたが・・・

 

私立小学校で共働き家庭の方、何かご心配がありましたら、何でもお問合せください。こどもみらい塾には多数の私立小学校のお子様が通われています。

 

カテゴリ:こどもみらい塾の日常 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kodomomirai.sub.jp/trackback/1237905
トラックバック